大晦日の年越しそばとは

2009年7月30日 09:03 | コメント(0) | トラックバック(0)

【年越しそば・京都生そばもり平】【11%OFF】京都の年越しそばといえばコレ!京名物にしんそば...

 

大晦日に食べるものの代表選手と言えば、年越しそばですね。大晦日の年越しそばは、「歳取りそば」「大年そば」「おおつごもりそば」などとも呼ばれることがあります。

年越しそばの由来は、そばが細く長いことから、幸せに長生きできることを祈る縁起物とされており、そんなそばの縁起をかついで、大晦日に食べられるようになったというのが一般的な見解です。

しかし、現代のような細く長いそばが登場したのは江戸時代のこと。それまではそば粉を湯で練ったそばがきや、それを丸めたそば団子、粒食としてそばの実を煮たりして食べるそば米が主流でした。

大晦日の年越しそばの起源は定かでなく、宝暦6年(1756)に刊行された書物の中に「大年蕎麦」の語があることから、江戸時代中期にはならわしとなっていたとされています。

 

 浮気調査  詐欺  日曜大工
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

大晦日のDynamite!!の歩み
Dynamite!!が大晦日の夜9時に登場したのは2003年(TBSで放送)。このときは、大相撲の元横綱・曙がK-1デビューし、ボブ・サップと対決することが話題に。このDynamite!!での試合は、瞬間最高視聴率43%を記録し、あのNHKの「紅白歌合戦」を裏に回して大健闘を果たしました。
大晦日・「紅白歌合戦」について
大晦日のテレビ番組は競争が激しく、各局がしのぎを削っていますが、定番となっているのが「紅白歌合戦」。視聴率が下がっているとはいうものの、老若男女問わず安定した人気を保っています。
大晦日・「紅白歌合戦」とは
「紅白歌合戦」とは、毎年NHKが生放送している大晦日の大型歌番組のこと。通称「紅白」。その年にヒット曲を出した歌手などが出場し、男性が白組で女性が赤組となり、互いに競い合います。
大晦日の除夜の鐘
除夜の鐘(じょやのかね)とは、大晦日である12月31日の深夜0時をはさんで寺院でつかれる鐘のこと。
大晦日の年越しそばの具
大晦日の年越しそばに入れる具材は、各家庭によってさまざまです。主流は、ねぎを載せるだけのかけそばや、かきあげやえび天を載せる食べ方です。
大晦日の年越しそばとは
大晦日に食べるものの代表選手と言えば、年越しそばですね。大晦日の年越しそばは、「歳取りそば」「大年そば」「おおつごもりそば」などとも呼ばれることがあります。
各地の大晦日のイベント
大晦日には全国各地でいろいろなイベントが行われています。どのようなイベントが開催されているのでしょうか。変り種などを含めいくつか挙げてみましょう。
大晦日のイベント
大晦日は一年の最後の日。そんな大晦日を家族でごちそうを囲んで過ごす人は多いでしょうが、全国各地では、さまざまなイベントが行われています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/1122

コメントする



このサイトを購読する